img_3726_r

シーバス釣りの入門 タックル編

これからシーバスフィッシングを始める方の為、 最初に必要なタックルを解説します。
ロッドとリール、ルアーがあれば取りあえずシーバスフィッシングにトライできますが、 それ以外にも必ず必要となるものやあると便利なものをご紹介します。

最低限必要なもの

ロッド

ロッドは素材や長さ、やわらかさによってたくさん種類があります。
まず素材はカーボンファイバーとグラスファイバーの2種類。
軽いカーボン素材が扱いやすいです。
長さは釣り場に応じて決めますが、8~9ftクラスが堤防、河川、サーフと汎用性があります。
やわらかめのL(ライト)クラス、ML(ミディアムライト)クラスが最初はおすすめです。

リール

リールにはスピニングとベイトの2種類ありますが、ルアーフィッシングはスピニングリールを使用します。
8~9ftのロッドに合わせるにはダイワ2500番、シマノ3000番が使いやすいです。

ライン

ラインとはリールに巻きつける糸のことです。
ナイロンライン:価格も安く、扱いやすい。初心者向けといえます。
フロロカーボン:ナイロンよりも硬く、感度がいいです。
PEライン:飛距離がでて感度抜群のためシーバス釣りでは利用者が多い。一方で、伸びないため絡みやすいため上級者向けとされています。摩擦に弱いためリーダーが必要です。

ルアー

ルアーフィッシングでの釣果を大きく左右するルアー。
「ミノー」「シンキングペンシル」「バイブレーション」「メタルジグ」など種類が多いです。
最初は「ミノー」だけでもOKでしょう。
フローティングミノー(浮くタイプ)とシンキングミノー(沈むタイプ)を揃えておきましょう。
様々な深さに対応したルアーを使うことでより多くの場所が探れるようになります。

 

シーバス釣りの服装

キャップ

グレー

自分のルアーや隣の人のルアーが飛んでくるくる恐れもあります。
けがや直射日光から頭部を守るために帽子を着用しましょう。
夏にはメッシュキャップ、冬場はニット帽がおすすめです。

ライフベスト

SLV-020

水に落ちた時やウェーディング中の転倒時に体を浮かせてくれるライフベストは安全のため必ず着用しましょう。
シーバスゲームではルアーケースやプライヤーなどのアクセサリー類の収納ポケットのついたフローティングベストがおすすめです。

ウェーダー

P1260513

水の中に入って釣りをするウェーディングを行う際には必ず必要となります。
ブーツと一体型のブーツフットタイプと足がソックス状になっていて、
別売りのウェーディングシューズを履くソックスタイプがありますが、 シーバスゲームではブーツフットタイプが主流です。

グローブ

034_R

ロッドを強力にグリップしたり、針からの手の保護、冬場の寒さ対策に必要です。
夏用のメッシュ素材、冬用のクロロプレン素材など、様々な素材のグローブがあります。

偏光グラス

P1130991R

水面のギラツキを抑え、水中がよく見えます。
目の保護にも役立ちます。

 

あると便利なシーバスタックル

フィッシュグリップ

シーバスが釣れた時に口にはさんで取り込みます。
シーバス以外でも危険な魚などが釣れた場合に、直接手で触らなくても済むため安全です。

プライヤー

魚の口から安全にルアーを外すために必要です。
暴れる魚の口からルアーを外すのはフックが指に刺さる危険を伴います。

ラインカッター

ラインやリーダーをカットします。
PE対応のものとそうでないものがあります。

玉網(ランディングネット)

確実にランディングするためにあると便利です。
特に、高い足場やテトラなどの滑りやすい場所でシーバスを取り込むのに最適です。

メジャー

なくても問題ないですが、大きいシーバスが釣れた時に正確にサイズを図るために必要です。

デジカメ

こちらもなくても問題ないですが、釣れたシーバスの記録や思い出を残すため、友達に自慢するために必要です。